カラオケ上達にもっとも効果のあるコツとは?

カラオケで上手に歌っている人を見ると、かっこよくて憧れちゃいますよね。

自分もそんな風に歌が上手くなりたい!

上達するにはどうしたらいいの?

実は、そんな風にカラオケを上達させるためには、いくつかのコツがいります。

でもそのコツさえつかめば、歌の上達がぐっと近づきます!

この記事では、歌の上達のために知っておきたいことや、上達のコツについてご説明していきます。



1.カラオケで上手い人の特徴

まずは上達のコツを説明する前に、

歌が上手い人って、なんで上手く聴こえるのか

というポイントをご説明します。

なんといっても、理想像を詳しく理解しておくことは、コツをつかむためにとても大切なことなんです。

①音程が合ってる

上手い人は、まず音程が正確です。

全体を通して音程が一定レベル以上なので、

聴いていて不安感を感じることはありません。

でも実は音程って、完璧でぴったりじゃなくてもいいんです。

全体的にある程度合っていれば、聴き手からすれば上手く聴こえるものなんです。

完璧でなくてもいいというのがポイントですね。

②リズムがぴったり

歌が上手い人は、聴いててキレが感じられます。

つまり、リズムがぴったり!

リズムって、意外と意識したことなくないですか?

でも、実はリズムは歌の上手さにかなり影響します。

歌のリズムって、

音程や表現力と比べて

イマイチわかりにくいというか、パッとしません

よね。

でも、リズムはノリやキレを作るのにとても大切な要素なんです。

いわば縁の下の力持ちですね!

そしてリズムは、普段意識しないぶん、伸びしろがある部分だったりします。

③表現力がある

歌が上手い人は、表現力があります。

でも、

表現力って、抽象的で何なのかわからない!

と思う方もいるかもしれません。

表現力はさっきまでの音程やリズムと違って、明確な定義がないので、私の感覚でご説明すると、

表現力とは…

聴き手が、

もう少し聴いてたいなぁ…

と思えるように、

メリハリをつけられること

だといえます。

一本調子な歌は、音程やリズムが正確でも1番で飽きられちゃいます。

でも、例えば

1番は静かに

2番は力強く

最後は優しく

という歌い方の歌を聴けば、より聴いていたくなるはずです。

歌にメリハリを持たせ、聴いていて飽きさせないようにするというのは、歌の上達のために大切なことです。

2.カラオケを上達させるコツ

歌が上達する一番てっとり早いコツは、上手い人を参考にすると、

音程

リズム

表現力

の3つ全てを、それぞれレベルアップさせることです。

じゃあ、そんな音程、リズム、表現力

てっとり早くパワーアップする

にはどうしたらいいのでしょうか?

具体的な方法をご説明していきますね。

①音程を良くするには

音程を良くするには、音程バーを頭に浮かべながら歌うのがおすすめです。

音程バーの写真

引用:

https://www.joysound.com/web/s/function/bunseki

最近はどのカラオケ機種でも、採点時に音程を示すバーが表示されます。

音程バーを表示させながら歌の練習をしておけば、

歌を披露したい時に音程バーがなくても、音程バーを頭に浮かべながら歌えます。

なので音程バーに普段からふれておくのはかなりおすすめな方法です。

ただ、

ひとカラに抵抗がある!

という方や、

普段はカラオケじゃ練習できない!

という方には、 自宅で音程バー付のカラオケ練習ができるアプリがあるので、そちらをおすすめします。

カラオケ練習を音程バー付で!おすすめアプリ

②リズムを良くするには

リズムを良くするには、リズムの裏を足でカウントしながら歌うのがおすすめです。

このやり方は、

そんなにリズムに苦手感ないけどなー、

という方にもかなり効果があります。

ちなみに、リズムの裏というのは、裏拍ともよばれます。

リズムの裏をABCの数え歌で例えると、

ちょうどAやCのところがリズムの表

そして、BやDのところがリズムの裏

にあたります。

リズムの裏を足でカウントする方法は、このようにやるとやりやすいです。

①前奏のところで、リズムの裏を探します。

②リズムの裏のところで、かかとを軽く地面にタップします。

かかとはずっとその動きのまま、あとは歌うだけ。

この技ができれば、音の切れ目をどこで作るのか、よりはっきり意識できるようになりますよ。

③表現力を良くするには

表現力を良くするには、一曲の中にメリハリを作るのが効果的です。

やり方は簡単。

①Aメロはかなり声量を絞って歌います。

軽く聴き取りづらいところがあるくらいでも構いません。

②Bメロは、やや抑えめくらいの声量で歌います。

③サビは、いつもどおりのパワーで歌いましょう。

このように声量の幅を小さい方に広げることで、

手っ取り早く歌にメリハリをつけることができます。

また、この方法以外にも、

ビブラート

しゃくり

などのテクニックを習得するのも、表現力をつけるのにかなり効きますよ。

カラオケでビブラートを使いこなす!

種類や使い方を徹底解説!

カラオケのしゃくりって?使えばこんなに得するワザだった!


以上、カラオケ上達のコツについてでした。

素敵なカラオケライフのお役に立てれば幸いです。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする