安いギターで抜群のコスパを!自分に合ったギターを賢く買うコツ

ギターを初めたいけど、予算がない

初心者セットっていうお得そうなのあるし、コレにしとこう!

ついついやってしまいがちですが、これはかなりオススメしません

似たような予算でも、より質のいいギターは買えますよ!

この記事では、安いギターが欲しい方に向けて、

賢くギターを選ぶコツなどをご紹介していきます。



1.ギターは高いほうが良い?

初心者の方だけでなく、

ギターを長年やっている方も、こう思っている方は多いのではないでしょうか?

高いギターはいいギターなの?

結論から言うと、

高くてもそんなに音の良くないギター

は間違いなくあります。

なにせ、

材質がレアだとか、流通してる量だとか、 そういう音質以外の部分も、当然値段に反映されますからね。

材質が珍しいとか、弾く側にはなんも関係ない!

ただ、じゃあ高いギターは無駄かというとそうでもなくて。

ある程度の価格帯までなら、音と値段が比例するのも事実です。

ギターは一度買うと、買い換える時処分が大変だったりします。

ギターって、何本も家になかなか置いとけない。

なので、 安かろう悪かろう、より

せめて、最低二万円を超えるギターは買ったほうが、あとで後悔しません。

2.初心者セットは損

安いギターがほしい時、お得感から選んでしまいがちなのがギターの初心者セット

いろんな小道具がセットで安いし

初心者向けのギターだから弾きやすいかも

と思って購入を検討中の方もいるかもしれませんね。

ただ、ギターの初心者セットは

個人的にあまりおすすめしません。

なぜなら、

セットされてるギターは初心者セット専用のものが多く、

ギター本体の品質があまり良くないからです。

見た目だけはちゃんとしてるので、

だまされてはいけませんよ。

初心者セットを買うなら、

まだ初心者セットと同じ金額のギターを1本買って、

グッズをおまけしてもらったほうがいいと思います。

楽器屋さんによりますが、セットでなくてもグッズはかなりおまけしてくれます。

今後の常連になるかもですし、店員さんもギターを始めたばかりの人を応援したいからですね。

3.自分にぴったりなギターの選び方

自分の好きなアーティストがいて、

その人と似たようなギターがほしいなら、買うギターで迷うことはあまりないはず。

でも私みたいに、

誰かのようになりたいとかはなくて、

単にかっこよくて音の良いギターが欲しい!

という人もいるはず。

そんな方が、

自分にぴったりなギターを選ぶためのポイント。

①自分の弾きたいスタイルはどれ?

ざっくりしたタイトルだけど、すごく大切なこと。

自分がやりたいのが、どんな音楽か

です。

ゴリゴリのロックなのか、ポップスなのか。

バンドでやりたいのか、一人で弾き語りをしたいのか。

ライブでも演奏できるギターがいいのか、そこまではいらないのか。

ここをはっきりしとかないと、後で後悔しがちです。

演奏スタイルとおすすめなギターの種類を図

にすると、ざっくりこんな感じ。

やりたいスタイルとギターの種類

ギターの選び方 この図で大事なのは、

エレキ、アコギ、

ピックアップ付きのエレアコ

どれを選ぶかで、できる演奏も曲も、メンバーも変わってくるということ。

歌が好きで、エレキを買うと必然的にバンドを組むことになる。

エレキが好きでも、バンドとか複数人が苦手なら、ソロギターの道をゆくことになる。

もちろん例外もありますが、買うギターの種類は慎重に選びましょう。

ちなみに、ピックアップはあとから付けることもできますが、それなりに予算がかかるので、 どうせなら最初から付いているものがおすすめ。

②ギターブランドはコスパで選ぶ

Gibson、fenderなどなど。

名だたるギターブランドはあるけど、

どれもかなり高い

なので、安くて良い音のギターを狙うなら、こういった有名どころは除外

リーズナブルで音質も良い、コスパの高いギターブランドを選ぶのがおすすめです。

コスパが高くて有名なギターブランドは以下のとおり。

アコースティックギター編

YAMAHA

なんの意外性もないですが。

YAMAHAのアコギは、低価格でも手抜きされてなく、品質も安定しています。

迷ったらとりあえずYAMAHAで、ハズレはありません。

持ってる面白みというか、ドヤ感がないのがネックです笑

予算は25000円〜30000円ほど。

HEADWAY

知る人ぞ知る、というおすすめブランド。

長野県にあるギターメーカーで、 ギターのマスタービルダーである百瀬恭夫氏が生産に関わっておられます。

このHEADWAYは、ギターへのこだわりがとにかくすごい。

1本ずつ大切に作られています。

ボディの造りだけでなく、

日本人の手に馴染むよう研究されたネックなど、弾きやすさも考慮されてます。

アウトレット品なら二万円前後でゲット可能です。

ただ、デメリットというか、生産数が少なくて。

楽器屋で見かける頻度がそこまで高くないので、少し手に入れにくいかもしれません。

エレキギター編

Squier

あのFenderの廉価ライン。

スクワイア、もしくはスクワイアーとよばれます。

廉価ラインといっても、品質はなかなか安定しています。

あえてSquierを愛用しているプロギタリストもいるようですね。

予算は二万円から三万円ほど。

YAMAHA パシフィカシリーズ

YAMAHAって、なんとなくアコギのイメージですよね。

でもこのパシフィカシリーズは、

めちゃくちゃコスパの高いエレキギターとしてとても有名です。

予算は2万円から3万円ほど。

値段に見合わぬ、しっかりした造りが魅力ですね。


以上、安くて素敵なギター大特集でした。

ミニギターの完全まとめ 種類からサイズ、音量まで徹底解説

という記事もあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする