クラークスを買う前に必ず読みたい!種類や選び方まで大特集

ファッション

Clarks(クラークス)のブーツが気になる!

 

でも、どのモデルがいいのか、修理はできるのかどうか、

気になることはいっぱい出てくるはず。

 

そこでこの記事では、クラークスのブーツを買うに当たって知っておきたいことをまとめました。

 

ぜひ、素敵なクラークスブーツとの出会いの役に立てればと思います。

 

スポンサーリンク

1.クラークスの魅力と特徴

デザートブーツは「Clarks(クラークス)」

 

といわれるほど、ブーツ系での知名度を持つのが

クラークス

 

イギリス発の歴史あるブランドで、

デザートブーツだけでなくナタリーやワラビーなど、良質なレザーシューズを生み出しているブランドです。

 

物によりますが、

1万円から2万円前後と、

レザーシューズ系の中では比較的手頃な値段なのも良いですね。

 

クラークスの魅力

①ソールが柔らかい

クラークスのブーツは、

【クレープソール】という天然ゴムをソールに使っているのが特徴です。 底のクリーム色の部分がクレープソール。

ぷにっとした弾力があって、とても柔らかい。

かなり病みつきになる履き心地なのです。

 

②革も柔らかい

クラークスのブーツに使われている革は、ガチっと硬いタイプではなくて、

スエードなど柔らかくなめされたものが多いです。

 

なのでクレープソールと合わさって、

とても柔らかく快適な履き心地。

 

なのでクラークスは、

リラックスしたい休日に

最適なレザーシューズ

 

と言えるのかもしれません。

 

③コーデしやすい

レザーシューズの中でも、

クラークスはカジュアル寄りで、コーデがしやすいです。

 

 

レザー物は、

 

やたら無骨だったり

逆にかしこまってしまったり

 

その辺のバランスが難しい。

クラークスはそのあたり、コーデに使いやすいのでかなり重宝しますね。

 

 

クラークスの弱点

クラークスの魅力をたくさんお伝えしてきましたが、もちろん弱点もあります。

 

それは、ソールの汚れやすさです。

 

一度履いたことのある方ならわかると思いますが、

クレープソールは長く履き続けると、

かなり黒ずんできます。

 

参考になりそうなツイートを。

左側の写真が、黒ずんだクレープソール。

 

一度汚れてしまうと、消しゴムでこするか、削り落とすしか対策はありません。

 

スポンサーリンク

2.クラークスの定番モデル

それではClarksの定番モデルの種類を、以下でご紹介していきます。

 

コーデや着こなしもあわせてご紹介していきますね。

 

①デザートブーツ

Clarksのブーツといえばまずはコレ。

くるぶしまで覆われたフォルムが特徴。

 

シンプルでカジュアルながら、どこか上品な雰囲気が出せるのも魅力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考:zozo.jp

 

形だけなら同じものが他のブランドでもありますが…

 

クレープソールでしっかりしたデザートブーツとなると、クラークスで決まりですね。

②ワラビー

 

 

 

 

 

 

 

クラークスの大定番モデル。

デザートブーツとちがってローカットで、履きやすい。

シンプルながら可愛らしいフォルムで、

カジュアルにも上品にも合わせられるのが魅力。

 

 

③ナタリー

 

 

 

 

 

 

 

 

ワラビーに似ていますが、

つま先からかかとまで、クレープソールがぐるんと包み込んでいるのが特徴。

 

他では見かけないデザインですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

カジュアルなスタイルに合わせやすいです。


ただ、ナタリーの弱点として、クレープソールが包み込むという構造上、靴屋さんでの修理が難しいようです。

 

受け付けてはくれても、キレイには仕上がらない可能性もあるので、

長く使いたい場合にはそこに注意してください。

 

スポンサーリンク

3.クラークスのサイズ

クラークスはイギリスのブランドなので、サイズがUK表記になっています。

UK表記と、日本でよく使うサイズ表記との対応は以下のようになっています。

 

Clarksの公式サイズ表記 メンズ

 

 

Clarksの公式サイズ表記 レディース

 

ちなみに、各モデルとサイズの傾向なんですが…

①デザートブーツ

幅や甲が狭め。

いつものサイズよりワンサイズ大きいものがおすすめ。

 

②ワラビー

サイズが大きめ。

なので、いつもよりワンサイズ小さめがおすすめ。

 

③ナタリー

デザートブーツと同じく、 幅や甲が狭め。 いつものサイズよりワンサイズ大きいものがおすすめ。

 

 

となっていますので、ぜひサイズ選びの参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

4.クラークスの修理について

最後にClarksの修理について。

 

レザー物なので、できることならソールを交換しながら長く履いてあげたいですよね。

 

結論からいうと、クラークス公式では、オリジナルのクレープソール交換などの修理は受け付けていません。

つまり新品を買ってね、ということですね。

 

ですが、せっかく買ったのならやっぱり長く使いたい。

ということで、靴屋さんに修理を依頼される方もかなり多いようです。

 

値段や仕上がり具合はお店によると思いますが、Clarksの修理について参考になりそうな記事を見つけましたので、ご紹介しておきますね。

 

クレープソールの交換修理総まとめ

 


以上、クラークス大特集でした。

もし、新しいクラークスに買い替えを検討しているなら、こちらのサイトの記事もおすすめです。

 

服や靴を売るならどのフリマアプリがおすすめ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました