ヒールつきのビーチサンダル。その特徴や使った感想をご紹介します

ファッション

ビーチサンダルと言えば、ぺたんこ靴のように「かかとを地面に付けて歩く履物」というイメージですよね?

 

しかし、街中をよくよく観察してみると、ヒールがついたビーチサンダルがたくさん売られています。

 

「歩く時は、痛くないの?」

「砂浜の上を歩けるの?」

「使ってみた感想は?」

 

こんなヒールつきのビーチサンダルに抱く疑問の答えを色々調べてみましたので、この記事の中でいろいろ解説していきます。

 

スポンサーリンク

1.ヒールつきビーチサンダルの特徴

そもそも、ヒールつきのビーチサンダルってどんなやつ?

と思われた方もいたかもしれませんね。

イメージ的にはこういったものになります。

 

①そもそもヒールつきビーチサンダルとは

ヒールつきのビーチサンダル、とはいっても、結婚式や社交ダンスの時に履くようなピンヒールではありません。

 

いわゆる厚底サンダルを思い出してください。

ビーチサンダルの底が数センチ厚くなったものを「ヒールつきビーチサンダル」と呼びます。

 

通常の厚底サンダルと違うのは、砂浜や海に行っても大丈夫という点です。 厚底なので、スポーツにはちょっと不向きかもしれませんね。

 

ただ、ヒールのように一点だけに力が加わるようなことがないので、ヒールが砂に埋まって歩けないなんてことはありません。

 

②ヒールつきビーチサンダルの特徴

ヒールつきビーチサンダルの特徴は何といっても、脚長効果です。

従来のビーチサンダルとは異なり、ヒールが付いていることで身長が高くなり、あわせて足が長く見えます。

 

足が長く見える

→美脚効果あり

 →夏の露出も楽しくなる

  →気分が前向き

 

と良いことだらけです。

 

 

ヒールつきビーチサンダルの脚長効果について、とてもわかりやすいツイートを見つけましたので、貼っておきますね。

左の写真がヒールつき、右の写真がノーマルのビーチサンダルを履いた写真です。

(ツイートをクリックすると、詳しい画像が表示されます。)

 

どっちを履くかでずいぶんイメージが変わりますよね。

ヒールつきのビーチサンダルを履いていると、かなりスリムな印象になる感じがしますね。

 

 

スポンサーリンク

2.ヒールつきビーチサンダルの感想

それでは、そんなヒールつきビーチサンダルについて、使ってみた感想はどんな感じなのでしょうか。

いくつか代表的な意見をご紹介します。

 

 

ビーチサンダルとはいえ、ヒールがついているので足が疲れる、という意見もありました。

 

 

普段ヒールを履いているから、ビーチサンダルも当然ヒールつき、という方も。

ヒールのアリなしでイメージって変わりますよね。

ビーチでもヒールを貫く、といった姿勢のあらわれかもしれませんね。

 

 

ヒールつきのビーチサンダルは、かわいいけれども疲れる、という意見です。

 

 

 

ビーチサンダルといえば、気軽に履けて水にも入れるのが魅力です。

でもおしゃれのためには、多少履きやすさは犠牲にするしかないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ビーチサンダルがぺたんこなんて、過去の話です。

今時のオシャレを目指すのであれば、ビーチサンダルはヒールつきがおすすめなようです。

 

 

ヒール付きも歩きにくくない、足が疲れにくい商品があるようですので、本格的な夏が来る前に探されてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました