ジムに行って意味はあるか、ないか。長所と短所をまとめました。

芸能人だと「体を鍛える」「ダイエットする」「産後のスタイル改善」等でジムに行っているという話をよく聞きますよね。


ジムに通う理由は様々で、男性でも女性でも、また年齢を問わずジムに行くことはあまり特別なことではなくなってきました。


でも、ジムに興味はあるけれど、金銭的な面でも、効果の面でも

「ジムに行っても通い続けられるかどうか不安」

という気持ちがあって、いまひとつ通う勇気が出ないなんて人もいます。


そこで、ジムに行くメリットやデメリットをまとめてみました。
悩める皆様の参考になったら嬉しいです。

ジムに行くことのメリット


①設備が整っている


ジムにあるマシンが使えるのが、最大のメリットだと思います。

同じマシンを個人で用意するには、場所もお金も必要ですからね。


我が家の近所のスポーツクラブでは、

「来月マシンを全て新しいものに交換します!」

というポスターを貼って宣伝をしていました。


マシンなんてどれも同じでしょ?

と思う人には興味の無いポスターかもしれませんが、トレーニングが好きという人には新しいマシンという謳い文句は魅力的に見えるでしょうね。


②相談相手がいる


トレーナーさんに相談しながらトレーニングを進められるので、自己流でやるよりも効果的なトレーニングができます。


また、ジムに通う者同士顔見知りになると「大変ですよね~」「頑張りましょうね~」と励ましあえるので、1人で黙々とするトレーニングにはない楽しみですよね。


③温泉やシャワーが利用できる


トレーニング後にそのままジムでシャワーを浴び、心も体もさっぱりした状態で帰ることを楽しみにしている人もいます。


マシンの数や最新機器かどうかも大事ですが、このような施設が充実しているかどうかも気になりますよね。


ちょっと良いところだと、シャワーではなくお風呂、もっと良いところだと温泉があったりとか。


昔見た節約のエッセイ本で、ご主人が光熱費を節約するためにわざわざジムまでお風呂に入りに行くなんていうエピソードを読んだことがあります。


このような関連施設の充実度も、入会の時チェックしておきたいですね。


④メリハリがつく


自宅でトレーニングしていると、ちょっと休憩のつもりが長い休憩になってしまったり。
トレーニング真っ最中に子供に邪魔されたり。

障害が多いので、なかなか思うようにスケジュールがこなせませんよね。


その点ジムだと邪魔が入らずトレーニングに集中できます。
ついつい長くとってしまう休憩も、集団でやるフィットネスのように時間が決まっているものであれば、
自分のワガママは通用しませんから、嫌でも動かざるをえません。

ジムに行くことのデメリット

一方で、ジムに行くことで生まれるデメリットもあります。



①費用がかかる


スポーツジムに支払う費用以外にもお金はかかります。


いざジムに通うとなったら荷物を運ぶためのバッグが必要です。

シューズやTシャツだって人前に出るなら、ちょっと新しいものを着たいですよね。


②他人の存在が煩わしい


自分が使いたいマシンがあっても、混雑していれば順番待ちになります。
今使いたいのに、今出来ない!


それが1回だけならまだしも、混んでる時には複数回発生するわけで、小さなストレスも積み重ねれば大きなストレスになります。 


③手軽さ、気軽さがない


ジムに行くためには荷物を準備して、車に乗って移動して・・・と、ジムに行く前にひと仕事です。
会社帰りに行くにしても、ジムの用品一式を朝から持ち歩くはめになり、最悪の場合残業で行けないなんてオチも。

ジムに行く意味はあるのか



ジムの受付の人にこれ聞いたら、絶対「意味ありますよ!」と返されます。
だって、商売ですから。


本音でオススメしている人もいるでしょうが、それが本音なのか、利用者を増やしたいゆえの営業トークなのか、私達には分かりません。


ですから、ジムに行く意味があるかどうかを知るには、ジムに通っている知人から聞くのが1番です。


知人だと商売関係なしに本音が聞けるので、そのジムの良いところ、悪いところ、全て聞けちゃいます。


聞き方としては、自分の目的を伝えることです。 

ジムに行くのが「痩せたい」のか「体幹を鍛えたい」のか「運動不足を解消したい」のか。


運動不足を解消したいのであれば、ハードなトレーニングのジムはおすすめされないはずです。
また、出来れば予算や週にどれくらい行けるかも伝えましょう。


民間のスポーツジムは何かとお金がかかります。
1ヶ月に何度も通えるのか、今は通えるけど来月はちょっと忙しいとか。

事情があれば、伝えておきましょう。


市や区が運営しているスポーツジムは安いですし、クーポンを買えば1回分無料等のサービスもあります。
既に入会している人からのアドバイスを受けることで、ジムに行くことに意味を見出せるはずです。

まとめ



ジムに行くことで色んなメリット、デメリットがありますが、大切なのは自分がどうしたいかです。


ジムに前向きな人であればメリットがもの凄くよく見えるでしょうし、ジムにメリットを並べられたところで「そんなこと言われてもねえ・・・」と否定的になるでしょう。


ジムに行くことが正しいわけでも、間違っているわけでもありません。
ですが、行くと決めた以上は続けないとお金も時間も無駄遣いになりますので、事前にしっかりリサーチし熟考しましょう。

フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターフォロー