ウルトラボイス、効果ある?みんなの評判や、自分で毎日継続した感想

声量がない、声の芯が細い、高音発声が苦しい。
そんな悩みを解決するとされているボイトレグッズが「ウルトラボイス」です。

でもそんなウルトラボイス、本当に効果があるのかどうかや、どんな仕組みで効果が生まれるようになっているのか、疑問を抱きませんか?

私は少なくとも、ウルトラボイスについて当初かなり懐疑的でした。

この記事は、実際に私が毎日ウルトラボイスを継続使用した感想もふまえながら

ウルトラボイスの効果とその原理について簡潔に解説していきます。

ウルトラボイスの使い方は?

については、こちらのページにまとめています。

ウルトラボイス(ウタエット)の使い方・トレーニング方法まとめ



ウルトラボイスが効く仕組み

ウルトラボイスは、2018年11月に発売されたばかりの商品で、ビューティーボイストレーナーというボイトレグッズの後継です。

ウルトラボイスは、とてもシンプルな構造をした道具です。

見た目がシンプルすぎて、どんな原理でウルトラボイスが効くのかイメージが湧かないですよね。

そもそも、ウルトラボイスはどんな原理で歌のトレーニングに効果があるとされているのでしょうか?

効果①舌を下げてくれる

ウルトラボイスには、口にくわえた時下側になる面に、小さな突起がついています。

ウルトラボイスをくわえた時に、この突起に舌をつけて発声トレーニングをすることで、発声時の正しい舌の位置を体に馴染ませることができるんですね。

舌の位置?
それで声量のない声、芯の無い声、苦しい高音を改善できるの?
という疑問が今度は生まれてきますよね。

舌と歌の関係

実は、舌と歌には想像以上に関係性があります。

ハリウッドで著名なボイストレーナーである、ロジャーラブ。
クリスティーナ・アギレラや、デフレパードなどの講師をしています。

そのロジャー氏の有名なボイトレ本、「ロジャー本」でも、舌と歌との関係について触れられています。


このロジャー本の中から、今回ご紹介したい内容と同じ箇所をYouTubeから翻訳しているサイトがありましたので、こちらもご紹介します。

http://blog.livedoor.jp/trivialworld/archives/1032206083.html

ロジャー氏の意見から引用すると、歌と舌の関係はこんな感じになります。

食べ物などを飲み込む時の筋肉が歌う時に働くと、喉を狭くしてしまう(発声が苦しくなる)

舌は、その飲み込み筋と連動している

ウルトラボイスを使うことで、舌の位置を改善した発声を習得することができます。

これは、飲み込み筋を無駄に働かせないことの習得にもつながります。
つまり、喉を締めない発声の習得ですね。

そのため、発声の改善にかなり効果がある、ということになります。

効果②腹式呼吸(吐く方)が鍛えられる

声というのは、当然ですが息を吐く時に発生しているものです。
声の土台である息を安定させるには、よく言われるように腹式呼吸が重要となってきます。

ウルトラボイスでは、その腹式呼吸(特に吐く方)を鍛える効果があります。

ウルトラボイスは、息の出口がかなり狭くなってますね。

息の出口が狭いため、ウルトラボイスをくわえながら息を吐ききるためには、どうしてもロングトーンになります。

ロングトーンで息を吐ききる練習をすることで、腹式呼吸で息を吐く力を強化することができます。
これは声の力強さや、芯のある声につながってきます。

ウルトラボイスを使った人たちの評判

さて、私自身のウルトラボイスの感想も後ほどご紹介するとして。
ウルトラボイスを使った人はどんな感想を抱いたのでしょうか。

ウルトラボイスを使うと声の調子が良くなる、という感想ですね。
ウルトラボイスを常備しておられるようです。

声が出しやすくなった気がする、との感想。

このあたりは、私も全く同じ感想です。

ウルトラボイスを自分で毎日継続使用した感想

これは一度、歌好きとしては試してみなければ!

ということで、実際に自分でもウルトラボイスを毎日継続すること半年…
使ってみた正直な感想などを記していきます。

使用後は喉が開き、たしかに声が出しやすくなる

ウルトラボイスを使用した後ですが、
確かに喉の詰まりが解消され、かなり声が出しやすくなります。

効果は、寝起きの時や、声の調子があまり良くない(詰まった感じがする)時に特に感じられますね。

ケース付きで携帯しやすいので、私の場合、歌う機会がある時は必須のアイテムになっています。

メロディを口ずさむのが練習効果ありそうな感じ

ウルトラボイスで適切な舌の位置にキープしたまま、色んな音程(特に高い音程)を発声することで、
喉を開けたまま色んな音程を発声する訓練になります。

その時の感覚は、ウルトラボイスを外してもキープされます。

ただ、ウルトラボイスなしで、しっかりと自分の歌に喉の開きを定着させるには、毎日コツコツ使い続けるしかなさそうだな、という感じを受けました。

なお、公式では3ヶ月ほど使い続けると声が変わってくる、とアナウンスされています。

ガッツリ使うならお風呂で!

ウルトラボイスを使っていると、かなりの量のよだれが中にたまり、息を吐くときにこのよだれが垂れてしまいます。

なので、ガッツリ練習に使うならお風呂での使用がおすすめです。

シャワーをしながらでも、水が中に入ってくるようなことはありませんが、
顔を洗う時やメイクを落とす時には、流石に外した方が良いです。

外出先でウォーミングアップに使うなら、
公園などがおすすめ。
ただガッツリやっていると不審な人なので笑、軽めにやるのが良いですね。

音叉はいらないかな

ウルトラボイスには、音程練習が同時にできるように音叉が付属した
「ウルトラボイスプロ」があります。

値段はウルトラボイスとほぼ同じなので、この「プロ」を買ってもいいんですが…

ウルトラボイスの利点は、トレーニングの手軽さと、持ち運びやすさだと個人的に感じます。

片手が塞がる音叉は使いにくいし、あってもかさばるだけなので、
買うならば通常版で良いのでは、と思います。

ウルトラボイスは値段も手頃なので、一度試しても後悔はしません。
少なくとも、私は買ってよかった。
そんなアイテムですね。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする