パワーブリーズにダイエット効果は果たしてあるのか?徹底解明

音楽

呼吸筋を鍛える器具として近年有名になってきている、パワーブリーズ

インナーマッスルも鍛えられるとあって、ダイエット効果も期待したいところ。

 

でも実際、パワーブリーズにはダイエット効果はあるのでしょうか?

この記事では、様々な角度からパワーブリーズのダイエット効果に焦点を当てて解説していきます。

 

 

1年間、パワーブリーズを使用して感じた効果や感想について、まとめた記事です。

 

パワーブリーズプラスを1年間続けてみた!効果や使い心地をレビュー

 

スポンサーリンク

パワーブリーズとは

 

パワーブリーズとは、横隔膜や肋骨筋など呼吸に関する筋肉を鍛え、肺活量をアップさせることを目的としたトレーニンググッズです。

 

肺活量アップについては、臨床効果も実証されています。

パワーブリーズの値段は、おおむね8000円〜9,000円前後ですね。

 

 

スポンサーリンク

パワーブリーズに痩せる効果はある?

 

さて、さっそく本題ですが、パワーブリーズには痩せる効果はあるんでしょうか?

 

 

 

↑パワーブリーズの公式ツイートでは、このようにサラッとではありますが、ダイエット効果も期待できる旨表現していますね。

 

これは期待できるかもしれません。

 

そもそも、パワーブリーズは具体的にどんな筋肉を鍛えることのできる器具なんでしょうか?

 

 

パワーブリーズで鍛えられる筋肉

 

 

 

http://www.powerbreathe.co.jp/powerbreathe.html

 

パワーブリーズは、この図のように呼吸に関係するインナーマッスルを鍛えることができます。

 

呼吸に関連する筋肉でいえば、ロングブレスダイエットというダイエット方法がありますね。

 

ロングブレスダイエットについて、実際に実践して効果を公表されているブログを見つけましたので、こちらに引用しておきます。

 

ロングブレスダイエット8週間経過の効果→最終回 継続は力なり
ロングブレスダイエットの再検証をはじめてから8週間経過(56日目)しました。前回もアナウンスした通り、ロングブレス効果の再検証は今日が最終回です。8週間(2ヶ月)で効果は十分実証できましたからね^_^今週の結果を見ても無駄な脂肪は落ち、体重

 

こちらのブログでは、純粋にロングブレスダイエットでどれだけ痩せるのかを8週間にわたりテストされています。

 

こちらの管理人さんは、8週間で6キロ痩せたようですね。

 

ロングブレスダイエットは、呼吸に関する筋肉を鍛え、基礎代謝を上げることにより痩せるとされているダイエット。
他にも実際に痩せたよ、という例もあるようです。

 

 

パワーブリーズも、ロングブレスダイエットと同様、呼吸に関する筋肉を鍛える作用があります。

 

ここまでの時点で、パワーブリーズにはダイエット効果がいくらか期待できるのではないか、という感じを受けます。

 

ただ、パワーブリーズはダイエット目的で開発された器具ではないので、ダイエット効果を示す臨床データなどは見つかりませんでした。

 

 

スポンサーリンク

パワーブリーズを使った人は痩せたの?

 

それでは、実際にパワーブリーズを使って痩せた方がいたのか?

いろんな方の体験談を集めてみました。

 

 

 

呼吸しやすくなる効果とともに、少し痩せることができた、というツイート。

 

 

 

 

パワーブリーズにはダイエット効果がある、とツイートされている専門家もおられます。

 

 

 

やせたかは分からないけど、フェイスラインがスッキリした、という意見もありました。

 

 

スポンサーリンク

パワーブリーズ、自分で使ってみた感想

私自身も1年以上パワーブリーズを継続使用していました。

 

私の場合ですが…

パワーブリーズを使いはじめてから、確かにお腹まわりはスッキリとしました。

 

これは痩せたというよりは、インナーマッスルが鍛えられてお腹が引き締められた、という感じの方が近いかもしれません。

 

また、パワーブリーズを使っている時期は体重増加もなくキープしていたのですが、1年ほどサボった今は、体重がかなり増加傾向です。泣

 

 

パワーブリーズのダイエット効果について、ここまで集めた情報と個人的な使用体験からいうと、基礎代謝を高めて太らなくする効果はあったと感じています。

また、下腹がへこむ効果も感じられました。

 

お腹まわりが気になる!という方には、パワーブリーズはおすすめできるトレーニンググッズかもしれませんね。

 

パワーブリーズは、赤、青、緑の3つの色がありますが、

軽いトレーニングが目的であれば

負荷が中くらいの青か、負荷が弱めの緑がおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました