緊張で喉が乾く!ステージや発表に負けないためには

ステージや演台など、人前に立つ場面はとても緊張しますよね。

そしてそんな時に限って、緊張で喉の乾きが止まらないことがあります。

いくら水を飲んでも乾きが止まらないと、ほとほと困ってしまいます。

この記事では、そんな緊張による喉の乾きについて対策をまとめてみましたので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。



1 緊張すると出てくる喉の乾き

誰かの前で発表をする、プレゼンをする、スピーチをする、演奏をする…

などなど、人生のいろんな場面で、人の注目を集める機会に出会うことがあります。

私もよくステージやカラオケの大会などに出ますが、直前までちゃんと水分補給していても、

本番では喉がカラカラに乾いて思うように声が出ない

ことがよくあります。

そんな緊張による口の乾きの原因は、

だ液の分泌量が緊張によるストレスで減ること

のようです。

でも、

原因になる緊張自体をなくすのはそんなに簡単なことじゃない

し、どうしたらいいものか。

口の乾きを解決するてっとり早い方法はなにかないのでしょうか。

2 緊張での口の乾きを抑える方法!

ということで、ここでいくつか、緊張による口の乾きの対処方法をご紹介します。

①ガムを噛む

減ってしまっただ液の分泌を促すには、ガムを噛むのが効果的です。

ガムならそのへんで調達しやすいですし、簡単に試せますね。

なるべく長時間、味がなくなってもガムを噛み続けましょう。

またミント系のガムはだ液の分泌を抑えてしまうので、それ以外のガムにしておきましよう。

また、ガムを噛むことで副交感神経が活発になり、リラックスできる効果もあります。

ただし、何曲かステージで歌う時には、だ液量アップの効果が最後までもたない可能性もあります。

過度な期待は禁物かもしれませんね。

②水を常備

こまめに水分をとることも大切です。

スピーチやステージでも、時々水分補給している人を見かけますよね。

ただ、個人的には潤いの効果時間は短く、緊張による口の乾きにはそこまで効果がないように感じます。

③ドライマウス用グッズの活用

一番おすすめな方法がこちらです。

だ液が減少して口内が乾いてしまうドライマウスのために作られた商品を活用してしまおう、というものです。

ドライマウス用品としては、こういったマウススプレーが市販されています。

↑こちらはライオンさんの、「アクアバランス」というマウススプレー。

お値段900円ほど。

ドライマウス用のマウススプレーは、保湿力がめちゃくちゃ高いので、

出番の前にシュシュー

としておくと、

かなり長い間、口の乾きを抑えることができます。

その効果はかなりのものです。

ただし、マウススプレーといっても、口臭対策用のマウススプレーは保湿力がありませんので、こういった使い方はできません。

またドライマウス用品として、他に保湿ジェルなども売られているのですが、こちらは少しねばつくので、スピーチや歌う前に使うのはあまりおすすめしません。

もし購入されるなら、スプレータイプのドライマウス用品をおすすめします。


以上、緊張による口の乾き対策をあげてみました。

皆さんの大切な場面で、お役に立てれば幸いです。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする