カラオケですぐに高得点をとるための方法(DAM)

この記事では、カラオケで高得点を出すための方法についてご説明します。

カラオケの点数って、一生懸命歌っても意外と高得点が出なかったりしますよね。

そして、友達と競争したときなんか、点数で負けて悔しい思いをするこもあります

また、カラオケ大会で本戦に出場するために、ある程度の得点をとっていることが条件にされることもあります。

でも、カラオケの採点機能というのは、その人の歌をいくつかの項目で判断しているにすぎません。

少しコツを知るだけで、点数をぐっと上げることが可能ですし、さらに、普段の自分の歌を見直して成長させる良い機会にもなります。

今回はそんなカラオケの点数について、

高得点を出すために知っておきたいポイントや方法をお伝えします。

1 カラオケですぐに高得点をとる方法

みなさんもご存知のとおり、カラオケの機種にはDAMやJOYSOUND等があり、その機種によって採点の方法が微妙に異なります。

今回の、すぐ高得点をとるための方法は、DAM機種で特に効果を発揮しますので、DAMに絞ってポイントをご説明します。

①音程

点数の中で一番重視されるのが、この音程です。

音程というと、すぐに伸ばすのは難しそうな感じがしますよね。

たしかに、根本的に音程の得点を伸ばすためには、長期的な音感練習が必要になります。

しかしそれ以外に、音程面で点数を伸ばす効果的な方法があります。

それは、

音程バーを見ながら歌うこと

です。

でもただそれだけではありません。

歌詞はなるべく見ないようにして、音程バーにひたすら集中して歌ってみてください。

そうすると、あることに気づくはずです。

思ってた音の位置と全然違う位置に、バーが出ている!

こんな箇所がいくつか出てくると思います。

しかしこれは、バーが間違っているわけではなく、また自分が音痴なわけでもありません。

覚えていたメロディが、実は間違っていた

のです。

この現象は、ある程度聴き込んだ曲でも起こります。

歌は、一般的に楽譜なしで覚えることが多いので、印象に残りにくい部分はどうしてもふわっと覚えてしまうようです。

音程バーを使って、

特に音が間違っているところを覚えなおす

と、ぐんと得点があがります。

得意な曲があれば、その曲に一度この方法を試してみてくださいね。

②表現力

次に採点で重視されるのが、この表現力です。

表現力は、

抑揚とテクニック

によって判断されます。

抑揚とは、曲中の各パートでどれだけ音量差をつけて歌えたか、というものです。

意識しても、普通のやり方だとなかなか伸びにくい項目です。

テクニックは、

しゃくり、こぶし、フォールという技をどれだけ使ったかで判断されます。

しゃくり等のテクニックは、使えるようになると歌い方の雰囲気が変わってかっこいいです。

ただ、点数への貢献度はそこまで高くありません。

さて、表現力の項目で点数を上げるため特に有効な方法が1つあります。

それは、

マイクを口に近づけたり離しながら歌う

です。

なんだそれ?って感じだと思います。

でもこの技、効果はかなりすごいです。

私の経験では、ちゃんとこの技を使うとすぐに点数が2〜3点ほどアップします。

そして、この技は、想像以上に思いっっきりやるのが大切です笑

実際にやってみた動画があるので、ご覧ください。

こんな感じで、Aメロ、Bメロ、サビ等のパートでそれぞれ、

大げさに抑揚をつけてあげます。

抑揚点は、この技を使うとすぐに伸びるなので、すごく効果的ですよ。

2 まとめ

いかがでしたか。

音程、表現力それぞれで、簡単に点数を上げる方法を挙げてみました。

特に表現力に関する方法については、かなり裏技的な感じもしますが…。

それでは簡単にこの記事の内容を整理しますね。

簡単にカラオケの点数を上げる方法(DAM機種)

音程と表現力の点を上げるのが近道!

①音程

 音程バーを使って、自分が実は間違って覚えてしまっているメロディ部分を克服する!

②表現力

 マイクを近づけたり離したりして歌う。

 テクニックは、使えればなお良しだけど、必須じゃない。

それでは、素敵なカラオケライフを楽しんでください♪

フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターフォロー