タイのスカイバーに行きたい!金額や気をつけたいポイントは?

タイのバンコクに行くなら、夜景がキレイなシロッコ(SIROCCO)の「スカイバー」はぜひ訪れたいですよね!

この記事では、実際にスカイバーに行った体験も踏まえて、雰囲気や値段、注意点などをまとめました。



1.スカイバーって何?

Sky Barは、世界一高いバンコクのルーフトップバー(屋根のないバー)の名前です。

参考
:http://www.lebua.com/sky-bar

 

Sky Barは、SIROCCOという高級レストランに併設されていて、地上64階からバンコクの夜景を一望できる非常に素敵なバーとなっています。

SkyBar TripAdvisor

Sky Barは、映画「ハングオーバー‼史上最悪の二日酔い、国境を越える」(いわゆるハングオーバー2ですね)

の舞台としても出てきており、

ハングオーバーのスタッフのために考案された「Hangovertinis」というカクテルが有名です。

2.ドレスコードは?

シロッコに入場するために必要な服装(ドレスコード)は、ガチガチのフォーマルウェアでなくても大丈夫です。

ドレスコードとして必要なのはスマートカジュアルでよいとされています。

シロッコのドレスコード表示 タイのスカイバーであるシロッコでのドレスコード 引用元:シロッコ ドレスコード

具体的なドレスコードについては、以下でご説明していきます。

①駄目な服装は?

シロッコのドレスコードでアウトなもの(We Do Not Permit)は、以下のものです。

※ドレスコードとしてアウトなもの↓

・スポーツユニフォーム (スポーツウェアですね)

・スリッパ、ビーチサンダル

・袖のない服、短パン(男性のみ)

ドレスコードはゆるい様にも見えますが、引っかかる部分があれば無慈悲に止めてきますので、気をつけてください。

ちなみに私の場合は、

袖のついたシャツ

ロールアップしたジーパン

スニーカー

で行きました。

受付では、「ノー、アンクル」と言われ、ジーパンのロールアップを直さないと入れませんでしたので、七分丈のズボンなどは厳しいかもしれません。

また、Tシャツで普通に入れている人もいたので、服の方はエリ付きでなくてもいいかもしれません。

②手荷物は?

バックパック、ショッピングケース、スーツケースについては持ち込みできないので、受付で預ける必要があります。

③子供の同伴は?

20歳以上の大人の同伴があれば、7歳以上の子供も入場可能です。

ただし、子供にもスマートカジュアルが求められるので、その点にご注意ください。

3.雰囲気や値段は?

①雰囲気はどんな感じ?

タイのスカイバーでのカクテル

外側の手すり近くには、小さなハイテーブルがいくつも置かれています。

テーブル上には、キャンドルライトが灯されていて、すごくお洒落な雰囲気ですね。

タイのスカイバーであるシロッコの夜景

夜景も非常にキレイです。

バー部分を除き、見渡す限りの夜景ですね。

また屋根などが一切なく、風も吹き込んでくるので、涼しく爽やかな感触でお酒を楽しむことができます。

私が行った日は、最高気温30℃の快晴の日だったので、途中まで快適にお酒を飲めました。

1時間半ほどいましたが、最後らへんは少し寒く感じたので、何か羽織るものを持っていった方がいいかもしれません。

スカイバーで飲めるエリアは2つに分かれていて、

・エレベーターを降りて左側に進んだエリア

・エレベーターを降りて右側に進んだエリア

に分かれています。

左側のエリアには、ハングオーバー2の冒頭シーンに使われた大階段があり、ジャズの生演奏がされています。

また右側のエリアでは、DJがパーティらしい曲を流していて、また雰囲気が違います。

②値段はどれくらい?

メニューを全て確認したところ、

ソフトドリンクは400バーツ位から

カクテルは700バーツ位から

と、少しお高いですがそこまで割高な値段ではありません。

※ただし、次の項目で説明する、

「注意点②」に気をつけてください。

4.スカイバーではここに注意!

ルーフトップバーというお洒落な空間では、スマートに決めたいですよね。 でも、そのためにはいくつかの注意点があります。

①メニューに注意

スカイバーには、ハングオーバー2を見た方も多く行かれると思うのですが、

【Hangovertinis】というカクテルは、

2017.12月の時点ではもう取扱いしていませんでした。

私はメニューを決め打ちしてたので、Hangovertinisがないといわれて、何を選ぼうか迷ってしまいました。

※メニューは店員さんがライトで照らしてくれているので、あまりもたもた選んでいられません。

②セレブなエリアに注意

エレベーターでスカイバーのフロアに着くと、左側と右側のエリアのどちらかに進むことになります。

もちろん途中で変えることもできます。

左側のフロアに進むと、見るからにリッチな服を着た人が多く座っています。

このエリアでは、最初に店員さんから見せられるメニューに、リーズナブルなカクテルなどがのっていません!

最低でも1杯2,300バーツ(7,000円以上)のシャンパンからしかのってないメニュー表なので、

カクテルドリンクのメニューがもらえないか伝えるようにしましょう。

エレベーターから右側に進んだエリアでは、カクテルやソフトドリンクだけのメニュー表を渡されるので、値段面では安心かもしれませんね。

③会計方法

お洒落なバーですから、会計もスマートに決めたいですよね。

スカイバーでは、会計はテーブル会計になっています。

そのため店員さんを呼んで会計してもらうことになるわけですが、暗い空間なので、ジェスチャーが難しいです笑

なので、英語でスマートに、会計したい旨を伝えましょう。

英語では、

【Can I have our check please?】

と伝えれば、非常にスムーズに会計できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

シロッコのスカイバーは決まりごともありますが、普段ではなかなか行けない高級感を味わうことができます。

ぜひ楽しい旅行の1ページに加えて、楽しんでくださいね。

それでは。