カラオケでビブラートを使いこなす!種類や使い方を徹底解説!

歌にビブラートを取り入れると、カラオケの得点上有利になりますし、

歌が上手く聴こえるなどメリット山盛りです!

そんなビブラートについて、動画も交えて、その種類や出し方などを解説していきます。

1.ビブラートとは

カラオケの採点画面などで、ビブラートという単語、聞いたことありますよね。

ビブラートとは音を「揺らす」ことです。

でも揺らす、という言葉だけだと、いまいちビブラートがどんなものなのかイメージが付きにくいですよね。

ビブラートが聴いた感じどんななのかは、次の項目で、動画を交えてご説明しますね。

実は、このビブラートというのは、ギターやバイオリン等の楽器の演奏に、

必ずといっていいほど使われているテクニックなんです。

もう必須なテクですね。

歌の場合も同じで、上達を目指すならビブラートは必須のテクニックだといえます。

もちろん、あえてビブラートを使わない、という歌い方もありますよ。

2.ビブラートを使うメリット

では、ビブラートを使えるとどんなメリットがあるのか?

メリットは3点です。

①歌が上手く聴こえる

ビブラートを歌に取り入れると、ひたすら単純に、歌が上手く聴こえるようになります。

②カラオケの点数が良くなる

ビブラートは表現力の項目で、大きな加点要素になっています。

ロングトーン(長い音)にビブラートをかませられるようになれば、

得点アップが期待できます。

③音程をキープしやすくなる

ロングトーンを安定してキープさせるには、実は高度な訓練が必要になります。

でも、ビブラートを使えば、ロングトーンの場面でも音程をキープしやすくなります。

3.ビブラートの種類

ビブラートは、1つではなく実は種類があります。

ここでは、ビブラートの響き方を元にビブラートを3つに分類しました。

ビブラートの種類は以下のとおり!

①王道なビブラート 

 スタンダードな揺れのビブラート。 

幅広い楽曲に合います。

②深いビブラート

王道なビブラートより、揺れ幅の大きなビブラート。

ゴスペルやオペラ、演歌などに合います。

③細かいビブラート 

別名ちりめんビブラートといわれます。

R&Bなどに合います。 短い音節にも使えるメリットあり。

それでは、ビブラートは実際に聴いてみるとどんなものなのでしょうか

ビブラートの種類ごとに、使用曲の動画をのせましたので、見てみてください。

聴いてほしいところの少し手前から流れるようにしてあります。

どれが自分の出したいビブラートか、確認しながら聴いてみてくださいね。

①王道ビブラート

曲はコブクロ流星です。

「星くずのーなかー

「散りばめらーれたー

など、いろんなとこにビブラートが使われていますね。

②深いビブラート

曲は、水樹奈々ETERNAL BLAZEです。

全体的にかなり揺れ幅の深いビブラートがかかっていますね。

③細かいビブラート

曲は宇多田ヒカルFirst Loveです。

「誰を、思ってるんだろうー?

「いつーか、誰かとまた恋におーちても」

のところなどに、わかりやすく使われていますね。

どうでしょう、自分の出したいビブラートは見つかりましたか。

4.ビブラートの出し方

では、ビブラートはどうやって出したらいいのでしょうか?

ビブラートの種類に合わせ、出し方や練習方法を説明していきますね。

①王道ビブラート

②深いビブラート

この2つはいずれも、基本的な出し方は同じです。

どれだけ音を揺さぶるか

(どれだけ揺れ幅を大きくするか)

の違いによるものです。

①出し方

この種類のビブラートは、横隔膜をうまく使うことでかけられます。

でも、横隔膜ってよく聞くけどなんやねーん、と思われる方もいるかもしれませんね。

横隔膜はみぞおちの近くにある筋肉なのですが、

意識しにくい筋肉なので、次の練習方法で横隔膜を動かす感覚をつかみましょう。

一度感覚をつかめれば、後はその横隔膜の動きを安定して繰り返せるようになれば、

王道ビブラートと深いビブラートが出せるようにかります。

②練習方法

「ドギーブレス」という方法が有名で、かつ個人的に効果的だと思っています。

ドギーブレスとは、わんちゃんが暑いときにやっている「ハッハッハッ…」 というあれです。

ドギーブレスのやり方

①口を開けましょう

舌は出さなくて大丈夫!笑       

②(はーーーーーっ)とため息してみましょう。

③それができたら、

(はーっ、はーっ、はーっ…)

と、少し間隔を短くしていきます。

④(はっ、はっ、はっ、はっ…)

というリズムにいたれば完成!

このドギーブレスができるようになったら、

今度は声を出しながらドギーブレスをやってみましょう。

そうすると

「はっ、はっ、はっ、はっ」

という声がでるはず。

この

「はっ、はっ、はっ、はっ」

の時に、お腹の動かし方はそのままで、

「はーあー あーあーあー…」

と声をつなげるようにしてみてください。

音が揺れているような感じになると思います。

これが王道なビブラートのひな型です。

はっきりと、安定した揺れになるよう練習を続ければ、このビブラートを習得できます。

③細かいビブラート

細かいビブラートは、さっきの横隔膜でかけるビブラートとは出し方が異なり、

ドギーブレスとは違うアプローチを使うことになります。

①出し方

細かいビブラートは、喉を使ってかけるため、喉ビブラートともよばれます。

出す感覚をつかむには、ヤギのモノマネがベストです。

②練習方法

ヤギのモノマネ?

ほんとにそれで出るようになるの?

と思われるかもですが、とても効果アリなので試してみてくださいね。

練習方法

①まず、ヤギのモノマネをします

(めえぇぇぇぇ、という感じ。)

②「めぇぇぇぇぇぇぇぇ…」 と、

長く伸ばせるように練習しましょう。

③それができたら、今度は

「まぁぁぁぁ」、

「みぃぃぃぃ」、

「むぅぅぅぅ」、

「もぉぉぉぉ」

と、全ての母音でヤギの声が出せるように練習しましょう。

このヤギのモノマネ練習の何が効果的かというと、

「めぇぇぇぇ」の「ぇ」の部分(母音)のところに自然と喉ビブラートがかかることが多いからなんですね。

全ての母音でヤギの声が出せるようになったら、喉ビブラートのひな型は完成です。 

ヤギの声そのままだときつくビブラートがかかりすぎるので、

少しゆるめにかけられるように調整していくのがコツです。


以上、ビブラートについてでした。

ほかにも、

カラオケのしゃくりって?使えばこんなに得するワザだった!

カラオケのこぶしとは?わかりやすく動画付で説明します!

カラオケのフォールって?動画も使って徹底解説!

などの記事もあるので、参考にしてみてくださいね。

それでは。