バンコクでソンブーンに行きたい!おすすめ料理と店舗は?

バンコクに行ったらぜひ訪れたいのが、蟹のカレー炒め(プーパッポンカレー)で有名なソンブーンです。

今回は、そんなソンブーンについて、おすすめのメニューや店舗、行ってきた感想をご紹介していきます。

1.ソンブーンとは

ソンブーンとは、プーパッポンカレー(蟹のカレー炒め)で有名な、

バンコクのシーフードレストランです。

大きな蟹のマークがシンボルです。

バンコクのソンブーンの看板バンコクのソンブーンの料理看板

ソンブーンは、小泉元首相やAPEC首脳達も舌鼓を打ったレストランで、

現地価格としては高いものの、非常においしいシーフード料理を食べることができます。

客層は、現地の人より外国人がほとんどです。

2.ソンブーンの店舗一覧

ソンブーンは、2018年1月時点で、

全部で8店舗あります。

※注意!!

【ソンブーンディ】

という名前の偽物店舗もあるので、間違えないように注意してくださいね。

偽物 ソンブーンディ TripAdvisor

公式の店舗紹介ページはこちらです。

http://www.somboonseafood.com/index.php/jp/branch/index

ソンブーンの店舗は、ジャンル分けするとこのような感じになります。

①サイアムでショッピングの時

・ソンブーン本店(パンタットーン店)

ソンブーン本店 TripAdvisor

ソンブーンの本店です。

小泉元首相やAPEC首脳等が来店したこともある店舗です。

サイアム駅から徒歩14分ほどなので、頑張れば歩ける距離ですね。

・セントラルエンバシー店

ソンブーン セントラルエンバシー店

サイアム駅近くの「セントラルエンバシー」という高級ショッピング施設内にあります。

2014年にできたばかりのショッピング施設で、キレイな店舗です。

・サイアム・スクエア・ワン店

ソンブーン サイアム・スクエア・ワン店

若者向けのショッピング施設「サイアム・スクエア・ワン」内の店舗です。

サイアム駅から非常に近い立地ですが、連日すごい行列です。

並ぶこと覚悟の店舗ですね。

②静かでキレイな店舗

・サムヤーン店

ソンブーン サムヤーン店

サムヤーン駅(MRT/地下鉄)のすぐそばです。

かなり新しい店舗で、キレイで比較的空いています。

③少し郊外に立地

・スラヴォン店

ソンブーン スラヴォン店

シーロム地区のお店です。

チョンノンシー駅(BTS)から徒歩10分の立地。

私はシーロム地区のナライホテルに泊まったので、ちょうどよい立地でした。

・ラチャダー店

ソンブーン ラチャダー店

ホワイクワーン駅(MRT/地下鉄)からすぐの立地です。

ローカル色が強い店舗です。

スイスホテルやヒップホテル近くにあるので、宿泊が近くならいいかもしれないですね。

ただし、周りに観光スポットは特にありません。

3.おすすめメニューは?

ソンブーンの料理は、いずれも量がとても多いです。

男女二人だと、

プーパッポンカレーはMサイズ

ライスはSサイズ

を1つずつで十分なほどです。

そんなソンブーンでのおすすめメニューを、以下でご紹介していきます。

①蟹のカレー炒め

プーパッポンカレーとよばれるこの料理は、ソンブーンに行ったら必ず食べてほしい逸品です。

バンコクのソンブーンのプーパッポンカリー

カニに鶏卵が盛り付けられ、見た目に反して全然辛くありません。

辛いのが苦手な方でも余裕です。

カレーというより、蟹と卵のオイル炒め、という雰囲気ですね。

甘みと蟹のダシが効いていて、やみつきになってしまうタイプの味付けになっています。

ごはんはついていないので、別でライスや炒飯を頼むのをオススメします。

②空芯菜炒め

バンコクのソンブーンの料理↑分かりにくいですが、右奥の料理

中国野菜の空芯菜をふんだんに使った料理です。

空芯菜は、鉄分とベータカロチンが豊富で、チンゲン菜に似た味がします。

この料理はかなりにんにくが効いていて、シンハービールとの相性がとても良いです。

参考にですが、

私が行った時には、

プーパッポンカレーMサイズ

空芯菜炒めSサイズ

炒飯Sサイズ

シンハービール瓶1本

を頼みました。

男女二人でかなりお腹いっぱいになりましたが、

会計は1,100バーツ

(当時のレートで3,850円)

とリーズナブルでした。

チップは50バーツほど。

プーパッポンカレーはおいしいですが、大量に食べると後半かなり飽きてくる味でもあるので、

カレーはSサイズで、他のメニューを頼んでみるのもいいかもしれません。

ソンブーンのプーパッポンカレーは、一度食べるとやみつきになるので、バンコクに行った際には、ぜひ堪能してみてくださいね。

それでは。