ボサノバをギターで弾きたい方に!スタンダード曲を楽譜つきで紹介

普通の弾き語りにはもう飽きた!

おしゃれなボサノバなんてやってみたいなー

という方に!

ボサノバギター、かじってみませんか?

この記事では、

ボサノバを試しにやってみたいなぁ

という方に向けて

ボサノバがどんな音楽か

ギターの基本パターン

ボサノバのスタンダード曲(楽譜リンク付き)

をご紹介していきます。



1.ボサノバってなに?

ボサノバってどんなイメージをお持ちですか?

なんとなく、カフェとかで流れてそうな感じですよね!

ボサノバは、ブラジルで1950年代頃に誕生した音楽です。

創始者はジョアン・ジルベルトという一人のミュージシャン。

意外にも、発祥がはっきりした音楽なんですよね♪

ボサノバは、サンバのようなリズムに、ジャズっぽさが加わった

ゆるーい感じが特徴です。

ちなみに、原曲はポルトガル語!

弾き語りするなら、英語版のカバーを歌うのがいいかもしれません。

ボサノバは、らしさを出すのにそこまでテクニックがいらないので、

ギターの幅を広げたいなぁという方にはめちゃくちゃおすすめです。

力みすぎず、かつオシャレに決まりますよ。

試奏の時にサラッと弾けるとかっこいいですし。

ちなみにボサノバについては、 http://novabossanova.com/howtobossa.html

こちらのサイトですごく詳しく解説されているので、ご興味のある方はぜひ。

2.ボサノバの基本パターン

ボサノバでは、テンションコードがメインで使われます。

でも、各コードの押さえ方は、次の項目でご紹介する定番曲を通して覚えたほうが効率的です。

なので、ここではボサノバで多用される右手のパターンについてご説明します。

ボサノバでは、

親指でベース音を鳴らし、

人差指、中指、薬指で1〜4弦を同時に弾く

というパターンがよく使われます。

そして、

ズン、タッ、ズターン、

ズン、タッ、ズターン、

というリズムで演奏されることが多いです。

言葉だと、全然わかんないですね笑!

ボサノバの右手パターンについては、下の音源を聴いてみてください。

定番曲「イパネマの娘」のパターンです。

ボサノバ右手パターン

いかがでしたか。

何となく聴いたことある感じですよね。

よく使うので、ぜひ習得しておきましょう!

3.ボサノバのスタンダード曲

あとは、実際の曲を弾けるようになるだけです。

最初の一曲が弾ければ、他の曲もとっつきやすいはず。

それではボサノバのスタンダード曲を4つご紹介します。

楽譜についてはリンク先にのっていますので、ぜひ練習してみてくださいね。

ちなみに、誰がカバーしているかで雰囲気が全然違ったりします

好みの演奏を探してみるのもいいかもしれませんね。

①イパネマの娘

曲紹介

ボサノバといえば、この曲は外せません。

イパネマの娘

リオオリンピックでも流れた、ボサノバの代表曲の1つです。

イパネマのとても美しい少女と、それを見つめる孤独な自分。

ゆったりした曲調ながら、実はどこか寂しい感じの歌詞だったりします。

楽譜

弾き語りしたい時の楽譜

ソロギターで弾きたい時の楽譜

②コルコバード

曲紹介

アントニオ・カルロス・ジョビンが発表した曲です。

ブラジルに、コルコバードという大きなキリスト像があります。

写真を見たことある方も多いかも。

この曲はそのコルコバードの丘がモチーフになっています。

ゆったりとした牧歌的な曲ですね。

楽譜

ギターの楽譜

③マシュ・ケ・ナダ

曲紹介

出だしを聴けば、あー知ってる!となるはず。

マシュケナダという曲です。

セルジオ・メンデスのカバーが非常に有名です。

サンバのようなアップテンポな曲です。

楽譜

ギターの楽譜

④波(ウェーブ)

曲紹介

こちらも、アントニオ・カルロス・ジョビン作曲。

リゾート地の波打ち際をイメージする、リラックスな曲です。

個人的に、イパネマの娘とこのウェーブは、弾き語りで演奏しやすいと思います。

楽譜

ギターの楽譜


以上、ボサノバを演奏してみよう!でした。

演奏する時には、

ギターをアルペジオで弾くとき、ピックはどうすれば?

という記事も役に立つと思います。

ぜひ練習に役立てていただけたらと思います。