ディッキーズのワークパンツ 種類まとめ(型番順)

キレイにも、男らしくも着こなせ、アイロンいらずで低価格!

そんなディッキーズのワークパンツについて、種類をまとめて比較してみました。



ワークパンツ、どんな種類があるの?

①【874】無骨なオリジナルモデル(定番)

ディッキーズのワークパンツといえば、この【874】が真っ先にあがります。

オリジナルの伝統的なモデルで、ド定番だといえます。

型はストレートで、かなりゆとりのある作りになっています。

無骨で男らしく、ストリート色が出やすい型番です。

このモデルは、少し履きこなすのにコツがいるところと、 ベルトループが細く、合わせられるベルトが限られるので、その点に気をつけてくださいね。

②【WD874】現代風にアレンジしたモデル(定番)

この【WD874】は、先ほどの【874】 を現代風にリサイズしたモデルです。

全体的にシルエットがタイトになっていて、すっきりした印象です。

無骨さを残しながら、どんなスタイルにも合わせやすいようにアレンジされています。

また、ベルトループが大きくなり、ベルトの種類を選ばなくなったのも地味に嬉しいところです!

③【WD881】ストレッチ素材のスキニー

ディッキーズで一番タイトなモデルが、この【WD881】です。

ストレッチ素材で、動きにくさを感じることがないようにできています。

スキニータイプのワークパンツがほしければ、このモデル一択ですね。

④【WD914】ラスティ素材のストレート

この【WD914】は、通常のディッキーズ生地に比べて、綿の割合を高くした「ラスティ素材」が使われています。

ラスティ素材のおかげで、綿の感じを残したまま丈夫な仕上がりになっています。

【874】は光沢のある生地感でゆったりしているのに比べ、このモデルは生地感が柔らかく光沢がなく、すっきりしたシルエットにデザインされています。

ディッキーズの光沢感が苦手な方にはおすすめのモデルです。

⑤【WD991】ラスティ素材のペインターパンツ

この【WD991】も、先ほどのモデルと同じくラスティ素材でできています。

ステッチが入っていたり、足元に向かってテーパードがかかっていて、すっきり着こなせるけど遊び心のあるデザインになっています。

⑥【WD1361】ヘビーコットン素材のスリム

この【WD1361】は、高密度に織ったヘビーコットン素材でできています。

ヘビーコットンの質感は、少しだけ毛羽立ちふわっとした柔らかい印象で、【874】のような光沢感はありません。

シルエットはタイト目で、どんなスタイルにも合わせやすいです。

⑦【WD3876】ほどよくスリムなシルエット

この【WD3876】は、程よくテーパードさせたシルエットが特徴です。

↓の写真と比べてみてください。

↑先ほどの【WD874】と比べても、腰回り含めさらにスリムな作りになっています。

⑧【WD5882】ストレッチ素材のナローパンツ

この【WD5882】は、腰回りをゆったりさせ、足部分をかなりテーパードさせた「ナロー」タイプのモデルです。

ストレッチ素材でできているので、動きづらさを感じることはありません。

いかがでしたか。

ディッキーズのワークパンツを選ぶ際の参考になれば幸いです。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする