カラオケで歌わない人はどう思われてる?歌わない方法も紹介

カラオケは、2次会の定番の場所です。

最新の曲を歌ったり、懐メロを歌ったり、皆で大合唱してみたりと盛り上がる場ではあります。

でも歌が下手、騒がしいのが嫌いカラオケが苦手な人もいるでしょう。

歌うのを避けていると「せっかくカラオケに来ているんだから歌おうよ!」とマイクを握らされてしまうこともあるかもしれません。

カラオケに行ったら歌わなきゃダメ?

どうにか歌わずにすむ方法はないのか?

そんな悩める皆さんに役立つ情報をお届けします。



カラオケで歌わない人は変?

カラオケに来ても歌わない理由は、この3つに集約されると思います。

・音痴だから

・皆が知っているような歌を知らない

・人前で歌うのが恥ずかしい

でも、それが理由で歌わないことを変だと思うことはありません。

周りの人は、「カラオケは苦手だけど、皆と過ごす時間は楽しいから来てくれているのかな?」と思う人がほとんどです。

拍手や合いの手を入れてくれれば、それだけで嬉しい人も多いのではないでしょうか。

カラオケで歌わない人はどう思われているか

そもそも、カラオケで歌わないでいると、周りの人はどう思っているのでしょうか。

①カラオケに来てるのに歌わないなんてもったい無い

カラオケに来ている=たくさん歌って元をとる、という考え方です。

ただお酒を飲んだり、おつまみを食べるだけなら、居酒屋でもいいですからね。

カラオケに来た以上は歌わなければ!

という意識が働くので、皆時間ギリギリまで歌っているのでしょう。

ですから、歌っていない人がいたら、

「自分達ばっかり歌っているけど、あなたは大丈夫?」

という意味で「歌いませんか?」と声をかける人もいるのです。

決して

「下手でもいいから歌え!」

と強制するつもりではなく、あくまで優しさゆえの声かけです。

みんな、

「同じ料金を払うのであれば、全員均等に歌った方が良い」

みたいな思いがあるので、あまりに歌っていないと

「遠慮していない?」

と心配になるのかもしれません。

②カラオケ苦手だったら、2次会は別の場所が良かったかな?

これは、幹事目線の意見ですね。

カラオケは普段とは違った一面が見られるし、大人数でも入れます。

なので幹事が2次会や3次会の場所にと選びがちな場所です。

幹事の役割は、お店を選んで予約して、お金を精算するだけではありません。

参加者に楽しんでもらうことも重要。

歌っていない人を見たら、

歌っていない

→楽しんでいない

 →カラオケ嫌いなのか!

  しまったな…

とこれまた心配になるかもしれません。

カラオケで歌わない方法

カラオケで歌わない理由はどうあれ、歌わずにすめばそれに越したことありませんよね。

ここでは、カラオケでなるべく歌わない方法を3つ紹介します。

①御用聞きに徹する

大人数でカラオケに行き、飲み放題ともなれば、あちこちでドリンクの注文が入ります。

通常幹事が引き受けるべきところですが、何かと理由をつけて自らやってしまうのです。

「幹事さん、手伝うから歌ってきていいよ」

「幹事さん、1次会から頑張ってるから休憩して」

飲み終えたコップを下げたり、店員にオーダーしたり、おしぼりでテーブルを拭いたり。

あれこれやっていれば、意外と時間はすぐ過ぎていきます。

これは自分をマイクから遠ざけるだけではなく、気の利く人だと周囲に思わせる効果があります。

②周囲の人を歌わせる

「○○さん、この歌すごく上手に歌うよね!」

「この曲、皆でダンスできるから盛り上がりますよね!」

と、デンモクに曲をガンガン入力する、という荒技

自分で曲を調整することで、自分が参加しない場を作ることが可能です。

曲を入れたあとは、自分がその歌をよく知らなくても、タンバリンを持って叩いておけば参加している雰囲気を装えます。

③撮影係

スマホのカメラで、歌っている人を撮影してみてはどうでしょうか。

動画なんかもいいですね。

後でSNSに投稿したり、LINEで送ったりすれば、盛り上がるかもしれませんね。

カラオケでは撮影してくれる人も少ないですから、撮影係は貴重な存在です。

まとめ

カラオケが嫌だからと言っても、毎度体調不良を言い訳にするわけにはいきません。

ただ、しぶしぶ参加したカラオケとはいえ、皆がカラオケで歌っているなか、

黙々とスマホを操作していると、場の空気を悪くしかねません。

先程の3つの方法を駆使して、「自分が歌わずにすむカラオケ」に参加してみてはいかがでしょうか?



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする