カラオケのしゃくりって?使えばこんなに得するワザだった!

カラオケでよく聞く『しゃくり』は、意識して使えば実はいろんなメリットがあります!

この記事では、そんなしゃくりの

仕組みと使い方

使うメリット

についてご説明します。

またその逆に、しゃくりの回数が多いと起きるデメリットもあるので、そのあたりもふれていきます。



1.しゃくりって何?

①しゃくりって何?

よくカラオケの採点画面などで見る「しゃくり」ですが、

いまいちなんなのかよくわからない

そんな存在ですよね。

しゃくれと関係ある? (私が思ってたことですが笑)

・聴いててかっこいいものなのか?

など、いろんな疑問が湧いてきます。

そんなしゃくりですが、その正体は

低い音から、出したい音に向けてすくい上げて歌う

ことをいいます。

別名、ベンドアップ(曲げる+上に)ともいわれていますね。

歌い方のテクニックの1つだといえます。

②しゃくりのメリット

ではしゃくりを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

実はしゃくりをきちんと使えると、

歌が柔らかくなめらかになり、

プロっぽさを出すことができるのです。

つまり歌が上手く聴こえる、ということですね。

また、カラオケの加点要素には、

『しゃくり』

の項目がありますので、

しゃくりを使えればカラオケの点数を伸ばすことにつながります。

しゃくりってこんな感じで、いろんなメリットがあるテクニックなんです。

③しゃくりのやり方は?

しゃくりのやり方は、イメージ的に

矢印の【⤴】が一番近いです。

下から音を出して、出したい音に合わせる

こうすることで、しゃくりをすることができます。

といっても、文章で見るより、

一度聴いてみる

のが一番分かりやすいと思います。

次の項目ではしゃくりを使った曲を紹介するので、実際に聞いてみてください。

2.しゃくりを使った曲

しゃくりって、いったいどんな曲に使われているのでしょうか?

実は、しゃくりは珍しいテクニックではなく、大半のアーティストが使っているものです。

(もちろん、しゃくりを使わず真っ直ぐな歌い方が魅力のアーティストもいます)

今回は、コブクロさんの蕾を例に、実際のしゃくりをご説明します。

聴いてほしい箇所の直前から流れますので、

サビのところの、

「きえそ⤴をにー、さきそ⤴をなー」

の、【そ】のところと、

「てーのひ⤴らじゃー」

【ひ】のところ

を聴いてみてください。

↓ ちょうどサビのところから流れます。

【そ】や、【ひ】のところ、いかがでしたか。

「⤴」の矢印のように、下からさっと音程を上げて歌っているのがわかると思います。

もし【そ】や【ひ】のところをしゃくりなしで歌うと、少し味気ない感じになりそうですよね。

このような感じで、歌に味付けをするのが「しゃくり」です。

3.しゃくりって多いとだめ?

①やり過ぎは禁物!

プロっぽく、歌が上手く聞こえるしゃくりですが、あまりやりすぎるのは逆効果です。

そもそも、しゃくりとは、ズレた音程をまず出して、正しい音にすっと合わせるテクニックです。

アレンジとして歌のいろんなとこに効かせるのはありですが、

歌の全てに使うと、

クセが強く、どことなく不安定

な歌に聴こえてしまいます。

②意図的に出せるのが理想

勝手にしゃくりがたくさん出る場合にも、少し注意が必要かもしれません。

というのも、しゃくりは、あえてズレた音程から本来の音に合わせていくテクニックです。

勝手に出るしゃくりは、分析すると

・最初の音を外している

・そこから正しい音程に合わせている

セットを無意識でやっているということです。

最初の音は外れてるけど、その後正しい音に合わせられるのですから、

出だしの音を正しい音でぴたっと出すのが苦手

な可能性があります。

出だしの音が苦手だと、歌も不安定に聴こえます。

また、しゃくりは、使う部分と使わない部分を分けたほうがメリハリがつきます。

ですので、しゃくりは、出したいとこで決められるように練習したいですね。


以上、しゃくりについてでした。

みなさんの歌の練習に、少しでも役立てればと思います。

他にも、

カラオケでビブラートを使いこなす!種類や使い方を徹底解説!

カラオケのこぶしとは?わかりやすく動画付で説明します!

カラオケのフォールって?動画も使って徹底解説!

などの記事もあるので、参考にしてみてくださいね。

それでは。