カラオケのフォールって?動画も使って徹底解説!

カラオケでよく聞くフォールとは、

バラード曲などでアクセントをきかす時によく使われているテクニックです。

フォールを使いこなせると、

より感情豊かに歌えるようになりますので、ぜひ習得したいですね。

この記事では、そんなフォールについて、使い方実際にフォールを使った曲も交えながら説明していきます。



1.フォールとは?

カラオケでよく聞くフォール、その正体はいったい何なのでしょうか。

フォールとは、フレーズの終わりの音をふっと落とすことで、

切なさや気だるさを表現するテクニックです。

ふっと落とす、と言われても言葉だけじゃわかりにくいですよね。

でもそんなに難しいものではなく、

一度聴いてみれば、どのようなものか分かるテクニックなので安心してくださいね。

次の項目では、そんなフォールの使われ方を、実際の曲を元に説明しますね。

2.フォールを使った曲

フォールがどんなものかは、聴いてみるのが手っ取り早いです!

そこで今回は、

Mr.Childrenの「HANABI」

を参考にして、フォールをご説明します。

下に、聴いてほしいところから流れるようにした動画を貼っています。

動画は手前のところから流れるようになっているので、

「考えすぎでー、ことばーにつまる⤵

のところや、

「自分がそれ以上にー、きらい⤵

のところを聴いてみてください。

↓少し手前のところから始まります

いかがでしたか。

HANABIという曲は華やかなサビですが、出だしは気だるい雰囲気の歌詞なので、

その雰囲気に合うようにフォールが使われていますね。

3.フォールのやり方

それでは、フォールはどのように出せばいいのでしょうか。

下に私が描いたイメージ図をのせてみました(下手!)ので、見てみてください。

線が途中から滝のように落ちていってるのがわかると思います。

この図のように、フレーズの終わりの音を下にすうっと落とすことで、

フォールを出すことができます。

音程が下がるにつれて、音を小さくしていくような感じ

(すーっと消えていくイメージ)

にすると、うまくいきます。

4.フォールは多いとだめ?

そんなフォールですが、やたらに使うとどうなるのでしょうか?

個人的に、フォールは少しくどく感じさせる可能性があるので、

あまり使いすぎない方がいいかな、と思います。

というのも、

実はフォールは、カラオケでの採点への影響が低いので、

得点を出すためというよりは、

自分の歌に個性を出すために使っていく、という位置づけがいいのです。

フォールはあまり使いすぎることなく、ここぞという時にだけ使うのが理想的ですね。


以上、カラオケのフォールについてでした。

他にも、

カラオケでビブラートを使いこなす!種類や使い方を徹底解説!

カラオケのしゃくりって?使えばこんなに得するワザだった!

カラオケのこぶしとは?わかりやすく動画付で説明します!

という記事もあるので、是非参考にしてみてください。

それでは。