カラオケで高音を楽に出すのに、ベストな方法とは

カラオケで高音を出したいのに、苦しくて出ない!

この記事では、そんな時に楽に高音を出す効果的な方法についてご紹介します。

高音部分を歌う時に喉が苦しくなる方

もっとキーの高い曲を余裕を持たせて歌いたい方

は、ぜひ読んでみてください。

私自身、歌の高音発声に長年悩んでいました。

試行錯誤のうえ克服することができたことでもあるので、そこで得た経験をみなさんにぜひお伝えできればと思います。

1.高音を出すと苦しい理由とは?

まずは、なぜ高音を出すと苦しくなるかを知ることが大切です。

高音が苦しい理由としては、

喉を締めている

舌の筋肉が硬直している

息の量が足りない

などが考えられます。

こういった原因を一つずつ解決すれば、地声(チェストボイスなんて呼ばれます)の音域を広げることができます。

地声の音域を伸ばしていく具体的な方法については、こちらの記事をご覧ください。

この方法を使えば、手軽に高音の発声を楽にすることができます。

でも、ですよ。

最近のアーティストってすごく音域が高くありませんか?

例えば、 ONE OK ROCK、WANIMA、などなど…

正直にいうと、こういったアーティストの曲を歌いたいなら、先程の地声の音域を伸ばしていく方法ではまだ足りません。

よくネットで見かける 「腹式呼吸ができてないから」とか 「頭から声を出すイメージができてないから」 とか、そういった方法。

その方法だけで高音が自由自在になることはありません。

こんな風に書くと、

「高音はつまり才能ってことか」

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

こういったハイトーンなアーティストの曲を歌いこなすには、 ミドルボイスと呼ばれる、いつもの歌い方と違う発生方法を身につける必要があるのです。

2 ミドルボイスってなに?

さて、この「ミドルボイス」とは一体なんなのでしょうか。

以下にまとめてみました。

ミドルボイス(ミックスボイス)とは

  1. 中〜高音域(体感的には、女性キーの曲の中音域くらいまで)を楽に歌える発声
  2. 地声的な響きがする
  3. 声量もあり、ロングトーンも楽

ミドルボイス(ミックスボイスともいわれます)については、厳密には難しい理屈があったり、専門家でもその定義に諸説あります。

でも、正直そんな専門的な話、どうでも良いですよね!

 大事なのは、

高い音が地声っぽく出せる技術

があって、それがミドルボイスと呼ばれている、ということです。

専門的な勉強をしてる方には怒られるかな…

でもそもそも、高音を楽に出せることがゴールです。

それを可能にする技術があるんだ、ということだけ、まずは知っていただけたらいいと思います。

もちろん、ミドルボイス習得のためどうしても必要な知識については、知る必要があります。

3 ミドルボイスって本当にあるの?

さっきミドルボイスというものをご紹介しました。

説明を聞いてまず思うのは、 「そんなものほんとにあるの??」 ということではないでしょうか。

私自身、ミドルボイスを初めて知ったとき、

「そんな魔法みたいなことあるの?」

「高音って才能なんじゃないの?」

と思いました。

例えばスピッツやゆずの様な。

でも、ミドルボイスは実際に存在します。

プロの方はすごく自然にミドルボイスを使うので、分かりにくいですけどね。

身近にミドルボイスを使える方がいると、すごく実感しやすいですよ。

私の場合だと、 ミドルボイスを使いこなし、女性キーも難なく歌いこなす友達に出会った時に、

「これはミドルボイス以外にどうやっても説明がつかない。」

と思ったりしてました。

いずれにしても、プロの方はわざわざ、「自分はミドルボイスを使ってます」なんて言いいませんが、 ミドルボイスは確かに存在している技術です。

私自身、ミドルボイスの存在を確信してからその練習に取り組み、習得することができました。

ただし、習得するのはそんなに簡単ではありませんでしたけど。

ちなみに、ミドルボイスの習得方法については、

ミドルボイスができるようになる練習方法①

ミドルボイスができるようになる練習方法②

という記事で説明しているので、ぜひ読んでみてくださいね



4 まとめ

この記事をまとめると、こんな感じです。

まとめ

  1. 高音が苦しい原因は、ミドルボイスを使っていないから
  2. ミドルボイスとは、高音を楽に歌える技術のこと
  3. ミドルボイスはほんとにある

今回は高音を楽に歌えるミドルボイスについての、入り口の記事でした。

他にも、ミドルボイスの関連記事があるので、読んでみてくださいね。

それでは。



フェイスブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする